まだ、メーカーなんかに入社しようとしているの?

まだ、メーカー(輸送機器・車)なんかに入ろうと思っているの?

僕の時は、超絶不況で仕方なーく入ったけど
今から入るには、あんまり良いメリットがないので
就活生の人はよーく注意したほうがいいと思う。

ちなみに、僕は、既に転職済み。

いかんせん、希望がなさすぎるからだ。

自動車会社に入るデメリット

仕事内容を選べないうえ、異動できない

僕が入社した自動車会社は、中々異動できなかった。

人事交流もほとんどない。
僕の場合、10年のうち、糞上司に、8年間異動を訴え続けたが


できたのは、なんと病気になってからの1回。

正直、病気にならないために、異動を申し出たのに

全然意味がなかった。

上司を選べないうえ、間違えると悲惨

当然ながら、課の存在意義に関係が深い仕事をやっている奴は評価される

しかし、異動ができないし、仕事の有無や内容は上司が決めるのだ。

なので、課と関係ない仕事に就くことはマジで悲惨。

上司が違うだけで、査定が全然違うと
ことが平気で起きる。

というのも、仕事の内容で査定が決まるという
不公平な仕組みだからだ。


しかも、仕事は変えられない

おかげ様で、月8万円も月収が違った。

僕の場合、10年のうち
糞上司→5年間上がらない。
ほかの上司→2年間共に上がった。
という苦い体験をしている。

 

上司が既にやんでいる

私が知っている限りの話だが

1.設計の課長が働きすぎで倒れて休職したところ
   妻は、子供と通帳をもって実家に帰ってしまった。
  旦那さんはうつ病になってしまった。
  そして、退職した。


2.設計の課長が、月平均100時間を超えた残業で
   働きすぎてうつ病となり、 事件を起こしたということで
   退職金は出なかった。
   遺族は訴訟したが、安全配慮義務違反としか認定されなかった。

他社だが、実際起きた例を紹介

判決は、弘人さんのうつ病発症の要因が、不慣れな部署への異動によるストレスと月平均百時間におよぶ時間外労働(自殺直前)にあり、前部署での業務上の失敗も苦となって〇二年三月下旬ごろから周囲にもわかるほどのうつ病状態にあったと認定。長時間労働を放置し、「業務の負担を軽減させるための措置を何ら採らず、うつ病を発症させて自殺に至らしめた」と断罪しました。

 うつ病発症の要因を本人の性格に求めるなど過失相殺だとした同社の主張は退けられました。

 小松夫妻は「息子の無念を晴らすことができましたが、生きて救えなかったことが心の苦しみです。スズキは二度と悲劇を繰り返さないでほしい」と語りました。

 弘人さんの死については、浜松労基署が〇四年五月、業務に起因する過労自殺と認定。会社の責任を問うため小松夫妻は〇五年二月、静岡地裁に提訴していました。
【スズキ事件】
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-10-31/2006103105_01_0.html より引用


個人的には、1のタイプは結構います。2は最悪の場合を書きました。
だけど、他社で似たような事件は発生しています。
いかがでしょうか?

まだ、働きたいと思いますか?

生活残業している

他にも生活するために、残業する上司がたくさんいます。

・生活残業する50代の係長
・お小遣い5000円。

部下との割り勘の課長を見て 「こんな会社にいても、幸せになれない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です